ヒアロディープパッチは本当に安心して使えるのか?副作用・デメリット解説

 

ヒアロディープパッチは一晩シワに貼って寝るだけで、早い人は翌朝にはシワが薄くなっているのを確認できる、珍しいマイクロニードル化粧品です。

 

 

本来であれば美容外科手術の一つとして、数万円のお金をかけて行うヒアルロン酸注射ですが、それと同じような効果を自宅で体験することができます。

 

 

ヒアルロン酸注射と比較すると値段は非常に安く、“貼って寝るだけ”という気軽さから、人気も使用者も非常に多いのが特徴ですが、『逆に』使うことで生じる副作用とか、デメリットが何かあるんじゃないか・・・と購入前に気になってしまう人も多いと思います。

 

 

今回はそんなヒアロディープパッチの副作用やデメリットについて調べてまとめてみました。

 

『ヒアルロン酸』の副作用やデメリットは?

 

まず最初に調べるべき成分はメインの成分である『ヒアルロン酸』でしょう。

 

 

ヒアルロン酸の注射のイメージというと、当然ですが顔のシワやたるみの改善をイメージする人も多いと思います。

 

 

しかし、ヒアルロン酸は顔だけでなく関節の中を満たしている『関節液』の補充のための施術で、膝の関節の動きと衝撃吸収のための注射として用いられることもあります。

 

 

それどころか、ヒアルロン酸は関節内の炎症を抑えたり関節の痛みを抑えてくれるなどの作用があり、体に多くのメリットをもたらしてくれる成分です。

 

 

そして、なんと言ってもヒアルロン酸はすでに私たちの目や皮膚、そして関節の中に生まれた時から存在している成分のため、人工的に作られた科学成分ではまったくない、ということを覚えておきましょう。

 

 

副作用も当然ですがほとんど確認されておらず、非常にまれに感染症や関節内出血という思い副作用が確認されてはいますが、どちらも関節への注射による副作用です。

 

 

肌に貼るだけのヒアロディープパッチによるヒアルロン酸の副作用を怖がる必要性は無いと言えるでしょう。

 

『針を刺す』という行為に副作用やデメリットは無いのか?

 

ヒアロディープパッチは、1枚で750本の美容成分の針が刺さるようにできています。

 

 

これだけ多くの針が刺さるとなると、肌に何か問題が生じるのでは?と心配になってしまう人もいるかもしれません。

 

 

しかし、実際に使用した数十人の経験者の口コミを調査してみても、『肌に針の跡が残った・・・』『使用後に肌に赤みが出た・・・』などといった報告は一切確認できませんでした。

 

 

これは針自体が肌の中で溶けてしまい、完全に吸収されなくて無くなってしまう事が原因だと思われます。

 

 

また、刺した際の『チクッ』とした感触はデメリットと言えばそうかもしれませんが、多くの場合10分程度で収まり『針自体が溶け出してきた感じがする・・・』といった感想も多く寄せられています。

 

 

いづれにせよ使用後の肌への報告は、『ふっくらとハリが出た』という望むべき本来の効果以外は確認されておりませんので、安心して使用いただいてまったく問題ないでしょう。

 

 

もし赤みが出たり、針の跡が残る・・・といった商品だったとしたら、むしろ害のある商品として全品回収になってしまうことでしょう・・・。

 

使用直後の肌の様子を写した画像(赤みや針の跡などといったものは見られない)

View this post on Instagram

さっそく使ったよねw #ヒアロディープパッチ 写真は無加工! 貼るとき少しチクッて感じするけど、 マジックテープのザラザラのところを肌に当てた感じかな? なんのせ5時間浸透して、翌朝…? 目の下ぷっくり??? 1回目だからか縦の小じわはあんまり感じなかったけど、涙袋の横線は薄くなった気がする?!!!!! #これすごい !!! ちゃみしょんに感謝だよ?(>_<)?? また来週使おーっと♪笑 もう一つ?チークもありがとう?(*^o^*)ピンクのチークはやめられない…(^-^)/ #北の快適工房#美容おすすめ#美容#肌ケア#美肌#ツヤ肌#美意識#絶対リピ#オススメ#目元ケア#目の下#すっぴん#お手入れ#誕生日プレゼント

sakonyanさん(@sako35rumo)がシェアした投稿 -

 

 

ヒアロディープパッチは、厚生労働省の『抗シワ製品評価』の試験に合格し、リピート率が90%を超えていることからも、安心して使用できることは明らかなので、不安なく貼り付けてぐっすり眠ってくださいね^^

 

アレルギー報告などは大丈夫?

 

ヒアロディープパッチの使用によって、肌の中に浸透していく成分はメインとしてヒアルロン酸ですが、それ以外の美容成分も含まれています。

 

 

全ての成分を列挙すると以下のようになります。

 

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

<オイルゲルシート部分>
スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、オリーブ果実油、(スチレン/イソプレン)コポリマー

 

ほとんどは日常生活で目にすることは少ない聞きなれない成分ばかりですが、これらの成分の中に、もし何らかのアレルギーをお持ちの方がいらっしゃる場合には、使用前に一度検討した方がいいでしょう。

 

ヒアロディープパッチの副作用・デメリットまとめ

 

ヒアロディープパッチの副作用とデメリットについてまとめてみると・・

  • メインである『ヒアルロン酸』には副作用はほぼ無い(人体に元々ある成分だから)
  • 肌に貼る行為(針を刺す行為)自体も、針自体が溶けてしまうため、跡や赤みが残ることもない。
  • アレルギー反応は人それぞれで違いがあるので、成分を確認後お医者さんに相談

 

これらをまとめると、デメリットはやはり貼り付けた際の『チクっ』とした痛みくらいでしたので、購入前に不安があった人は安心してお買い求めください。

 

 

現在確認できるいるインターネットのお店を比較してみたところ、最も安くで購入できるのは公式ページである事が分かっています。

 

 

公式ページ内の『お試し定期コース』であれば、お試しで1箱10%割引で購入できますし、1箱購入後に即解約可能なコースなので非常におススメです。

 

 

是非一度、公式ページをご覧になってみてください^^

 

ヒアロディープパッチの公式ページはこちら